失敗しないために

マンションの部屋を貸す場合、損をしないためにも、トラブルが起きないためにも知っておくべきことがあります。大切なことは、契約をどのようなものにするかということです。契約には2種類あります。一般賃貸借契約つまり普通借家契約と、定期借家契約。普通借家契約の場合は契約が更新がやってきて、そのときに契約をまた新たに取り交わします。

しかしこの際借り主が出て行くという意向がない限り、貸し主の自由に更新をしないということはできないのです。つまり、転勤などで戻ることが決まり、今回の更新で出てもらおうと思っても、借り主が出るという意思がない限り、出ていってもらえないわけです。それに比べ定期借家契約では更新がありません。つまり3年なら3年の約束で契約は終わるというものです。このことを知らず、更新は貸し主の自由になると思っていると大変なことに。

簡単に言うと、3年の転勤でマンションを貸したい人がいて、転勤などで3年間マンションを借りたいという人が一致すればハッピーということになります。しかし現実にはそういう相手はなかなか見つからないという可能性もあります。これらを行ってくれるのが、いわゆるリロケーションという管理会社なのです。リロケーションを利用してマンションを貸すと、家賃の保証で安定した収入を得ることができるようになったり、不在の間の管理を任せることが可能になります。リロケーションの方法は様々ですので、不動産会社に相談してみましょう。